東京都GAP紹介

体験しよう

東京都GAPってご存知ですか?
このコーナーでは、消費者の皆様に東京都独自の
GAP認証制度のしくみを紹介します。
アンケートにも積極的にご協力ください!

happy lady
hero-img
hero-img
hero-img
hero-img
hero-img
hero-img
hero-img
hero-img
東京都GAP紹介
東京都GAP紹介

GOOD AGRICULTURAL PRACTICE

GAPとは「Good(良い)Agricultural(農業)をPractice(実践)する」の頭文字をとったものです。農産物の安全性はもちろん、環境に配慮した生産方法や、労働災害の防止など、農業活動全般を改善しようとする取組のことで、世界各地で実践されています。そして、GAPの取組を審査する認証機関が様々存在し、基準を満たして生産された農産物がGLOBALG.A.P.、ASIAGAP、JGAPなどとして認証を受けています。東京都農林水産振興財団は東京都と連携し、適切な農業生産と地産地消を推進するため、農家等の事業者のGAP認証取得を支援してきました。また、東京都独自のGAP認証制度として「東京都GAP」を運用しています。東京都GAPは、「地域住民との交流活動を行っているか」「災害時に避難場所や井戸水を提供するか」など都市農業ならではの内容を含め約90にも及ぶ取組事項で構成されています。持続可能性をコンセプトとする東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会時には、大会組織委員会の食材調達基準を満たす認証制度としても取り扱われました。
よりよい未来の実現へ、今後も東京都GAPにご注目ください。

申し込んで当てよう♪

東京都GAPアンケート、花活布・箸づくり講座、研究員への質問、料理教室、
収穫体験など各種イベントにお申込いただいた方の中から抽選で
100名様にノベルティセットをプレゼント!!
(発送は2022年1月以降)

トップに